心筋梗塞に要注意|他の病気との関係を知ってしっかり予防

症状に応じた対策を

医者

血液検査や腹部触診、検便、内視鏡検査などによって、大腸がんを発見することが可能です。大腸がんだった場合、手術療法や化学療法、放射線療法などの治療が行なわれます。初期のがんであれば、内視鏡手術で腫瘍を切除できますが、進行している場合は複数の治療を組み合わせることがあります。

Read More

バイタルサインの変化

3人の看護師

なりやすい理由

症状腎臓病の症状で一番気をつけないといけない症状があるのです。めまいや吐き気です。この症状だけでは誰も腎臓病であると気がつかない事が多いのです。でも一番先に起きる腎臓病の症状なのです。めまいは電解質のバランスの異常から起きるものです。血液中にナトリウムやカリウムのバランスが崩れている時になるのです。腎臓病では水分を補給した後の電解質の分解が上手くいかないのです。そのため脱水予防で多くのソフトドリンクを飲んでいるのに脱水になりめまいが起きるのです。吐き気は腎臓の働きには体内の不用物を排出できなくなるのです。特に塩分を排出できなくなり体内に蓄積されていくのです。すると血圧が高くなります。すると吐き気が起きるようになるのです。

体内の循環を良くする

腎臓病になると血管中に塩分や老廃物などが蓄積されるのです。血液の循環が悪くなっているのです。体内の水分を外に出し新しい水分を体に吸収する方法があるのです。腎臓病では排泄が上手くいくと症状が軽くなるのです。医師が処方する内服薬の中には利尿剤が含まれています。利尿剤で排尿が上手くできると症状は軽減されるのです。水分量を毎日決められた量でおさえるようにする事がポイントです。腎臓病になると腎臓にかかる負担から水分が多くなると血管内に溜まるのです。身体中に水が溜まりやすくなるのです。処理できる範囲までの水分量であれば負担は軽減され水分が溜まる事がなくなっていくのです。すると症状が改善されていくというメリットがあるのです。

心筋梗塞も怖い

腎臓病になると体全体の血液循環が悪くなってしまうので様々な臓器で問題を起こしてしまう可能性があります。特に、血液の循環に大きく関わってくる血管や心臓などに負担がかかる病気になりやすくなってしまいます。心筋梗塞は発作が起こると最悪の場合死亡してしまう可能性もあるので普段から腎臓に大きな影響を与える食生活には特に気をつける必要があります。

おすすめサイト

日本でも増加傾向に

看護師

日本でも発症する人が増えている大腸がんは、初期症状としては血便などの症状が見られます。痔と間違われることがありますので注意が必要です。大腸がんを発症する大きな原因は食生活にあるとされており、食物繊維を多く含んだ食品や飲酒や肉製品を控えるなどの工夫で予防することが出来ます。

Read More

女性の体は複雑

院内

女性には特有の症状が現れるとされてますが、それが更年期障害と言われとても不快だとして治療を開始するようになります。症状の出方は人によって違いますが、女性ホルモンを調整することで病状が回復すると期待できます。

Read More