心筋梗塞に要注意|他の病気との関係を知ってしっかり予防

日本でも増加傾向に

看護師

血便が初期症状のことも

がんを治療するのにもっとも大切なことは早期発見をするということです。その為には定期的な検査は勿論のこと、どんな初期症状が現れるかを知っておく必要があります。最近日本人の間でも増えている大腸がんは食生活の欧米化が原因だともされていますが、初期症状として血便が見られることもあります。同じく血便が見られる病気としては痔がありますが、他にも下痢と便秘を繰り返したり残便感があることもあります。痔と大腸がんとの違いは、大腸がんの場合は肛門痛がありません。また、黒い血塊が便に混じるということもあります。大腸がんはがんの中では特徴が少なく、自覚症状も少ないがんとなっています。その為、わずかな変化を見逃さないようにすることが大切です。

生活習慣を見直して予防を

自覚症状が少ない大腸がんは、早期に発見することが難しいのでしっかりと予防することが大切です。大腸がんを発症する主な原因はその生活習慣にあるとされています。中でも大きな影響を与えているのは食生活であり、お酒をよく飲むという人や肉類を多く食べるという人はそれだけ発症リスクが高まるとされています。それ以外にも、肥満であるという人や喫煙をするという人も大腸がんのリスクが高いとされています。対して大腸がん予防に効果が高いとされているのは、食物繊維を多く含んだ食品や抗酸化作用を持つ食品です。がんを発症させる原因となる活性酸素を除去してくれる抗酸化作用を持つ食品は、がんの予防に高い効果が期待できます。また、運動不足も大腸がんを発症するリスクを高めるので適度な運動が必要です。